cinnamon416の日記

cinnamon416の日記

研究、サークル、学生団体など日々の活動の記録

1年間一人暮らしをしてみて思うこと

1年前、新しいことにチャレンジすることを決心し、親の反対も少しあったが一人暮らしを始めた。

それまでの自分は、身の回りのこと、例えば掃除、洗濯、料理などを全て親に任せっきりでいた。しかしいつかは家を出て行くときが来て、いざ仕事に打ち込もうという時に自分の世話を自分で見ることができなかったら大変な思いをするだろう。

だから任せるだけでなく、出来ることを増やしたい。そう思いつつも行動できないまま二十歳になっていた。そんな負の連鎖を断ち切るために一人で暮らすことを決め、同時に新しいことにチャレンジすることを決心した。

  • 親に任せていたことをできるようになる
  • 家事をしつつ学業とバイトを両立する
  • 大学入学後は積極的に新しいことを始める

この1年間で何ができるようになり、何ができないのかを改まってみる。

できるようになったこと

洗濯

洗濯ができるようになった。(当たり前だけど←)
けど、今まではどうやって洗濯をしているのか本当に分からなかった。

洗濯は結構な頻度で洗濯機から取り出して干す作業が必要で、面倒なんだなってことがわかった。
親はそれを毎日家族みんなの分をやっていたんだって考えると、それに気づいたことは自分の中では大きな収穫だった。

親子丼

一人暮らしを始めた頃は料理をできるようになるぞ!と意気込んでいたが、それは最初だけだった。
次第に大学の課題に時間を取られていき、料理に対するモチベーションが低くなってしまった。
ただ、一つだけ、親子丼を作れるようになった。レシピを見なくても。

何か料理をしなくちゃいけない状況になったときは親子丼を作ることができるので、これも大きな収穫だと思っている。

新しいことに対するモチベーション

大学に入学し、新しいことに積極的にチャレンジできた。

特にサークルでは、グループでのウェブアプリケーションの開発に携わることができるという、貴重な機会を掴み取ることができた。
また、所属していた学生団体の活動を通じて地域の方々との関わりを深くすることができ、僕のふるさとに対する考えや、働くことに対する考えを見直すことができた。

これからもどんどん新しいことにチャレンジしていき、たくさんのことを学びたい。

できないこと

料理

レパートリーが親子丼しかないので、料理ができるとは言えない。
美味しい料理をもっと作ってみたい。

体調管理

11月に体調を崩し、それから頻繁に体調を崩した。
まともなものを食べていなかったのと、まともに寝ていなかったことが原因で、つまり体調管理ができなかった。
炭水化物だけではなく、栄養の取れる料理を準備する習慣と早寝早起きの習慣をつけなければいけない。

学業とバイトの両立

1学期は勉強を頑張って成績も良かったが、2学期に入り学業以外のサークルだったり学生団体だったりの活動の方の比重が重くなり、学業をおろそかにしてしまった。
スケジュール管理ができていなかったと言えるだろう。

与えられた課題は早いうちに終わらせ、余裕を持たせていかないと、マルチタスクに陥り大きなストレスにつながることがわかった。



一人暮らしはやらなきゃいけないことが多くストレスが溜まってしまうが、学ぶことがとても多かった。立派な大人になるためには出来ることをこれからも増やしていきたい。